« 最近行ったライヴ | トップページ | 音楽がくれたもの »

珠玉のソウルバラード

Nakazawa_2 中澤信栄 4th Single「君のいない世界」   2010.9.29リリース

中澤信栄くんに初めてお会いしたのは、2006年の秋だったかな。その頃は『GATS』と名乗っていらっしゃいました。『GATS TKB SHOW』の頃から、顔とお名前だけは知ってたけど、ちゃんと音源を聴いたことはなくて…でも、ソウル系の音楽をやっているということで、とても興味はありました。で、私の地元でライブを開催するという情報を偶然入手して、観に行くことに。。。小さなBARで、お客さんも10人くらいのこじんまりしたスペースで、こんなにもソウルフルでハートウォーミングな歌を聴けるとは思ってなくて、このチャージでは申し訳ないなぁ…と心から思いました。その頃は、大手のレコード会社との契約が終了し、新たな契約も決まっていなかったので、自主制作という形でのCD音源。ライブの曲も、半分くらいはカバー(カーティスとかスティーヴィーなど)だった気がします。「うめぼしのうた」も歌ってましたねぇ。これがまた泣けるんだけど…

そんなこんなで、その後も半年に一度くらいはライブに来てくれて、終わった後にはみんなで乾杯!いろんな話をするうちに、彼の人となりもだんだん見えてきて、音楽に対する真摯な姿勢や、歌に対する想い、大切なご家族のこと…体格だけではなく、すべてのことに包容力のあるあたたかくて、優しい人だなぁと思うように。東京や横浜で定期的にバンド形式で開催していたワンマン・ライブにも何度か足を運びましたが、弾き語りのときとは違ったタイトでパワフルなステージもまた魅力的でした。

そして、大きな転機が…ドリカムのバッキングヴォーカルのオーディションに見事合格し、毎回何万人もの前で歌うように。。。2009年春には、本名の『中澤信栄』の名前で再デビューを果たし、次々とシングルをリリース。

で、今回4枚目のリリース。試聴したときに、「あ。これは今までと違う!」と直感的に思いました。作家・プロデュース陣が豪華なのはもちろんですが、彼のもつハスキーでソウルフルなヴォーカルが最大限にいかされて、切なさとあたたかさが同居する絶妙なバランスが、極上のラブバラードを作り出している感じ。聴いたあともそれがとても心に残り、優しい気持ちになれる。。。何度でも聴きたくなる。。。こういう歌って、今の日本の音楽シーンにそうはないと思います。

折りしも、昨日フジテレビの「とくダネ!」のコーナーで、司会の小倉さんが紹介されたとのことで、Googleでの検索ランクも急上昇↑ちょっとした話題になりつつあるようです。ひとりでも多くの方が、中澤くんのことを知り、歌を知り、CDを買ってくれたり、ライブに足を運んでくれること、その歌声に心動かされてほしいと願っています。そして、これからも彼の音楽を応援し続けていきたいと思っています。

|

« 最近行ったライヴ | トップページ | 音楽がくれたもの »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 珠玉のソウルバラード:

« 最近行ったライヴ | トップページ | 音楽がくれたもの »