« 時代に流されずに… | トップページ | 最近行ったライヴ »

ワン・アンド・オンリー

Junktime_2 JUNKTIME ジャンクフジヤマ        

発売日:2010/04/29

村上“ポンタ”秀一氏プロデュースのもと、ブルース・アレイ・ジャパンでのパフォーマンスを収録した初のフル・アルバム。昨年発売されたミニアルバム「A color」全7曲+新曲3曲を、圧倒的存在感のヴォーカルで聴かせる。

実際のパフォーマンスも体験したけど、ホントに全身全霊を込めた歌いっぷりに引き付けられる印象的なライヴだったなぁ…あの時の感動がパックされた音源に、思わず熱くなって聴いてしまう♪ ただ客観的に「商品」として捉えた場合、少し力が入り過ぎかな?感が否めないのも確か。(個人的には大好きなんだけど…) 20代の方のライヴを観るとわりと感じることなんだけど、若いから声量もあって思う存分声も出せると、力いっぱい押し切ってしまうことが多々あって、聴いている側としては、ちょっと絞ってほしいかな~と思うこともある。

まぁそれはさておき、「ワン・アンド・オンリー」のソウルフルなヴォーカルや豪華なバック陣によるグルーヴは存分に堪能できるし、ミニアルバムの爽快なシティポップとはまた違った印象に、類い稀なるソングライティングセンスと相まって、これからどのように進化していくのか、期待度は大!

「達郎フォロワー」の形容詞を自らのパワーで跳ね返す程に、今の時代に忘れがちな情熱をもう一度思い起こさせてくれる、そんな熱いヴォーカルに触れてほしい1枚。ぜひ一度ご賞味あれ!

【収録曲】
01.秘密
02.魅惑の唇
03.モノクロ
04.パズル
05.もう一度
06.サムタイム
07.産業道路
08.トロピカル
09.122
10.ゆっくり歩こう(スタジオ・ヴァージョン)

【パーソネル】
ジャンク フジヤマ(vo, g)
村上“ポンタ”秀一(ds)
天野清継(g)
岡沢章(b)
松原秀樹(b)
宮崎裕介(key)
本間将人(sax, key)
知野芳彦(cho, g)
KAZCO(cho)
島村智才(cho, vo)
中澤信栄(cho, g)
高橋あず美(cho, scat)

|

« 時代に流されずに… | トップページ | 最近行ったライヴ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワン・アンド・オンリー:

« 時代に流されずに… | トップページ | 最近行ったライヴ »